キャッシングの読みもの

専門家がカードローンや消費者金融をわかりやすく解説していくサイトです。

お金の取り立ては誰の元にくるのかを考えれば、消費者金融なんて怖くない。お金を借りるなら返済計画はきっちりと立てよう!

f:id:cardmics:20170924143323j:plain

消費者金融は怖い…という負のイメージを持ってる方って意外と多いもの。

たとえば『おらっ、山田!居るのわかってんだよ!出てこいや!ドンドンドン』と、パンチパーマに金のネックレスのおじさんが自宅まで取り立てに来る…というような印象を持っている方のほうが、世の中的には多いはず。

更に『その腎臓、1個くらい無くなっても大丈夫だよね?』など、お金の返済が出来なくなったら臓器売買まで求められるんじゃないか…とか、東京湾の海の底に…といった具合に、命の危機までを連想する方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回はそんな消費者金融に対するイメージと、実際のその姿の違いについての記事を書いてみたいと思います。

映画やドラマの中のイメージはほんとうなのかどうか、興味があるという方は是非、ご覧ください。

消費者金融のイメージについて:

大手消費者金融はまるで銀行対応そのもの:

まず、非常にガッカリ(?)かもしれませんが、実際の消費者金融、特に大手と呼ばれるところはそんな悪質な取り立てはしません。

なにせ、そのほとんどは三井住友銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンク系列の関連会社。

仮に利用者を脅すような悪質な行為があれば、消費者金融ともどもメガバンクにまで批判が届くことになり、下手すりゃ金融庁から営業停止処分などの厳しいお達しをいただくことになります。

だから実際に大手消費者金融に行ってみればわかりますが、アコム、プロミス、モビットなどなどの消費者金融は、ほんとまるで銀行そのもの。

丁寧な受付、借入審査、返済の説明などを受けることが出来るため、これがあの消費者金融か…と逆に安心してしまうほどです(大手と呼ばれる消費者金融については下記記事も参照に)。

cashing.cardmics.com

お金の取り立てはどうなの?

では、問題の取り立てはどうなのか…というと、これもちょっと考えてみてください。そもそもお金の取り立てというのはどこにやってくるか?ってことです。

当たり前ですが毎月きちんとお金を返済している人のところには、『よぉ、兄ちゃん。返済いつもありがとうな』みたいな人はやって来ません。

そんな人件費と交通費は、企業としてわざわざ払う必要性がないからです。

取り立てがやってくるのは返済しない人:

ではどこに取り立てがやって来るのか?

それは当然ながら、毎月、決められた返済金額を払わない人のところ。

約束通りに借りたお金を返してくれないからこそ、頼むから返してよ…とわざわざ自宅まで取り立てがやってくるわけです。

  • 毎月返済する人…取り立てはやってこない
  • 返済をしない人…取り立てがやってくる

取り立てはお金を返さない人のところにやってくる

取り立てはお金を返さない人のところにやってくる

つまり取り立てが怖いなら、毎月、決められた金額を返済すればそれでOK。

そうすればあなたの元に取り立てがやってくることなどありませんし、『金返せこらっ!』といった怖い電話をもらうこともありません。

大手消費者金融は取り立てにも来ない:

また、前述のアコムやプロミスといった大手消費者金融の場合には、仮に返済を滞らせたとしても取り立てにすら来ない場合も。

これもちょっと考えてみればわかるのですが、たとえば10万円を貸りた人が群馬県に住んでいる場合、東京からその人の元に取り立てに行くのはタダではなく、交通費や人件費がかかるもの。

  • 家まで取り立てに行く:交通費+人件費がかかる(企業として痛手)
  • 電話での取り立て:電話代+人件費のみで取り立てが出来る

だったら電話でのみ取り立てをして、自宅に伺うことはしない…と割り切る消費者金融も少なくないのですね。

取り立てる側だって命がけ:

この辺については逆の立場になってみるとわかりやすいんですが、お金に困っている人からお金を取り立てる側だって実は命がけ。

  • お金を借りる側のイメージ:消費者金融が怖い
  • お金を取り立てる側の実情:お金を借りた人が怖い

場合によっては逆恨みされて暴力をふるわれることもありますし、最悪のケースだと自暴自棄になって包丁を…なんてこともあるわけですから、消費者金融の社員も1人でふらっと取り立てに行くことには危険が伴うわけです(私なら絶対に取り立てに行きたくありません(苦笑))。

それゆえ、よほど借入金額が多いとか、お金を持ってるのに返済してくれない相手などでもない限りは、電話での取り立てが基本。

消費者金融も企業として社員を守る必要があるので、そう簡単に取り立てにいけない現状もあるのですね。

消費者金融を利用するなら返済計画が命:

f:id:cardmics:20170924142114j:plain

このように返済計画さえきちんと建てた上でお金を借りるのであれば、消費者金融はあなたの敵ではなく味方になりえる存在。

取り立てについても金融庁の目が光っているので、ドラマで見るような怖い取り立てなどもありませんよ(まぁ全く無いとは言い切れないようですが、もしそういった取り立てを受けたら金融庁に報告を!)。

借りたらきちんと返す。この原則をまもって健全に消費者金融を利用してもらえればな…と思います。

以上、お金の取り立ては誰の元にくるのかを考えれば、消費者金融なんて怖くない。お金を借りるなら返済計画はきっちりと立てよう…という話題でした。

参考リンク:

実際に勘違いしている方も多いのですが、消費者金融とヤミ金は違います。

下記記事のようにヤミ金には法律が通用しない場合がありますので、絶対に利用しないようにしてください。

  • 大手消費者金融:法律をまもる業者
  • 闇金:法律をまもらない違法業者

それでも利用してしまった場合には冗談ではなく、東京湾の海の底に…という可能性もゼロではありませんよ。即、専門家に相談をお願いします。

cashing.cardmics.com

PAGE TOP